フォト

コンタクト

自己紹介文

 オデッサ生まれ。8才の時に高名なヴァイオリン教授イリーナ・ボチコーワに才能を見出され、モスクワ中央音楽学校を経て1996年モスクワ音楽院卒業、1998年同音楽院大学院修了まで、同女史のもと一貫したロシアン・メソッドに学ぶ。
  在学中には1989年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール入賞、1991年ユベントス国際音楽祭入賞、1992年ルドルフォ・リピツァー国際コンクール優勝に輝く。 1994年チャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン部門で最高位を獲得、以来ロシアはもとより、ヨーロッパやアメリカなど世界各地に招かれ、これまでにフェドセーエフ指揮チャイコフスキー交響楽団(旧モスクワ放送交響楽団)、テミルカーノフ指揮サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団等と共演。
  日本国内では、東京オペラシティや杉並公会堂で定期的にリサイタルを開催し好評を得ている。N響定期演奏会のほか、都響、大阪フィル、日本フィル、広響、大阪センチュリー響、大阪シンフォニカー、アンサンブル金沢、名古屋フィル、読響、札響、東響、九響、兵庫県立芸術文化センター管と共演。CM音楽、フジテレビやNHKのドラマ・メインテーマ曲演奏、またテレビ番組への出演等、幅広く活躍している。
  レコーディングは「カルメン幻想曲」に続き、キングレコードより「モスクワの想い出」、「情熱のアンダルーサ」、「ポートレイト・ドゥ・ファンタジー」、「チャイコフスキー/メンデルスゾーン・ヴァイオリン協奏曲」「愛のテーマ~シネマ・コレクション」「Valse des Fleurs」「ロマンティック・ヴィルトゥオーゾ」をリリース。2007年初のDVD収録。
 2005年春ロシア大統領より"ロシア連邦功労芸術家"の称号を授与される。

興味のあること

ヴァイオリン(本業)、絵を描いたり鑑賞したりすること、音楽を聴くこと